後継者がいない場合|事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に
男の人と女の人

事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に

後継者がいない場合

男女

戦後に自分で会社を立ち上げた経営者の多くが悩んでいる問題が事業承継です。適任者がいなかったり事業承継するための多額の資金が調達できない場合、業績が良くても会社を存続させることも難しくなっていきます。後継者がいない場合や、事業承継のための資金が用意できない場合でも会社を存続できる方法としてM&Aがあります。しっかりとした経営をしている優良企業に自分の会社を買い取ってもらうことで、会社を存続させることができ従業員の雇用も確保できます。社内が後継者選びでもめることもなくなり、多額の資金を用意する必要もなくなります。また会社を売ることでお金も入ってくるため、リタイアした後の生活を安定させることもできます。

M&Aが事業承継にとって良いことがわかっていても、自分の会社を買い取ってくれるところがあるかどうか不安という経営者は少なくありません。経営についての手腕があっても、M&Aに関しては良く分からないとか、買い取ってくれる会社の心当たりがないという経営者がほとんどです。こういった場合M&A仲介を行っている会社を利用すると良いでしょう。新規事業を開拓する為や規模の拡大の為に、すでにそういった分野に販路を持っていたり技術を持っている会社を買い取りたいと探している会社は沢山あります。仲介サービスを行っている会社は多くの会社の中から、買う側と売る側両方のメリットを考えて紹介を行っています。自分の会社をより発展させることが出来るだけではなく、M&Aに関しての煩雑な手続きも任せることが出来ます。