企業の承継を他企業に|事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に
男の人と女の人

事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に

企業の承継を他企業に

ビル

事業承継でM&Aを活用する場合は、その決断は早めにすることが大切です。先延ばしにしている間に経営環境が悪化し、業績が落ちてしまった、経営者が高齢になってしまったなど、M&Aをスムーズに進めるにあたり障害になることもあるからです。時間に余裕を持った検討、決断が大切と言えます。また、必要な情報はしっかり開示すること、誠実で真摯な態度で相手に接すること、も挙げられます。相手からの信頼を勝ち取るには、良好な関係を築くことがポイントですので、このことは頭に入れておきたいところです。そして、譲渡条件についてある程度、妥協が必要になることがあることも理解しておきましょう。譲渡金額、従業員の処遇などといった点で、どうしても譲歩しなければならないこともあります。希望条件に固執しすぎず、少し幅を持たせて柔軟に対応することも考えましょう。

M&Aによる事業承継は、徐々にポピュラーになりつつあります。事業承継における問題の一つとして、後継者の不在が挙げられることが多いです。子供がいない、いても子供に事業承継の意思がない、などです。また譲り受け資金や能力不足などから、従業員にも事業承継させられない、といったケースもあります。M&Aならば、こうした後継者不在の場合でも、事業承継の道が開けます。そして、成功している企業とのM&Aにより、さらなる発展が期待できる、従業員の雇用が保証される、などのメリットも見逃せません。安定存続で、取引先などに迷惑をかけることもないので、関係先への影響が大きい廃業より、リスクのない選択肢としてM&Aを選ぶケースも増えているのです。