事業継続の方法|事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に
男の人と女の人

事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に

事業継続の方法

メンズ

取引銀行に相談します

事業承継の一つの方法がM&Aです。経営者が高齢などの理由で経営を続けることが困難になった場合、経営する企業を清算あるいは売却あるいは世襲することになります。清算では企業の存続はありません。世襲は後継者が身内に存在する場合に行われることが一般的です。売却がM&Aであって、株式を売却して経営権を譲渡します。その売却相手を探す方法の一つとして利用されているのが取引銀行への相談です。事業承継は取引銀行にとっても重要であって、融資取引がある場合にはスムーズな事業承継が実現できなければ経営の安定度が低下して融資の返済が困難になる場合もあります。M&Aの相談を受けた取引銀行は、買収の意向がある企業を探すことが可能です。

条件面も相談できます

事業承継の方法としてM&Aによる株式の売却を選択する経営者が重視する事項は多数あります。売却価格も重要であって、株価を算定する上でも取引銀行は頼りになります。その他にM&Aで事業を売却する経営者が重視するのが、従業員の雇用と処遇の維持です。経営権が移っても従業員が継続して同じ処遇で勤務できるようにすることが重要です。経営権の譲渡とともに従業員が解雇されるような事態は避けなければならないと考える経営者が多いのです。銀行主導によるM&Aでは、株式売却の条件として従業員に関する事項を契約に入れることが多いです。その条件を承諾する売却相手を探すのが銀行の役割でもあります。銀行にはM&Aに関する手数料が支払われます。