男の人

事業承継はM&Aに任せるの吉|未来ある会社の為に

メリットを把握しよう

握手

事業承継にはさまざまなものがありますが、その中でもM&Aが急増しています。この急増理由としては、後継者問題を解決することができる点が挙げられます。事業承継で最も大変なのが子供への事業承継です。そもそも経営者に子供がいなければ無理ですし、子供がいても他の家に嫁いでしまうと承継は困難です。子供が社内で働いている必要はありませんが、勤務している企業で出世していることが条件になります。ある程度の成果を出していないと従業員から信頼を勝ち取ることが困難になります。また、M&Aによる事業承継であれば、適切な会社に譲渡することができれば成長する機会が大幅に増えます。このようにM&Aで事業承継をすると多くのメリットがあります。

M&Aの事業承継は結果的にはそれまで働いてきた会社を売ることになりますので、その行為自体に抵抗を感じる人も多いです。しかしながら、買い手の経営者がきちんとそれまでの社風や文化を守ってくれれば、勤務していた従業員からも信頼を得ることができます。また、M&Aをした企業は新しい事業に参画することが多いですが、それによって問題を解決することができるケースも珍しくありません。M&Aには日本人はあまり良いイメージを持っていない人が多いですが、実際にはそのようなことはほとんどありません。ただし、経営者は従業員に後ろめたい気持ちを持ちすぎたり、従業員への反感を気にしすぎて、経営の一貫性を維持しにくくなります。配慮しすぎないように調整することも重要になってきます。

事業継続の方法

メンズ

事業承継の一つの方法としてM&Aによる事業の売却があります。購入相手を探す上で頼りになるのが取引銀行です。M&Aの条件の中に従業員の雇用と処遇の維持なども入れることを取引銀行に期待することができます。

Read More

後継者がいない場合

男女

経営者の多くが悩んでいるのが事業承継問題です。適当な人材がいなかったり事業承継に必要な資金が調達できないと、会社を存続させることができません。しかしM&Aを行えば後継者がいなくても会社を存続させられます。会社の為になるM&Aにしたければ仲介サービスを行っている会社に依頼すると良いでしょう。

Read More

企業の承継を他企業に

ビル

M&Aを使った事業承継を成功させるには、経営者が余裕を持って決断をすること、情報開示などはしっかりし相手と信頼関係を築くこと、ある程度の条件譲歩も考えること、がポイントです。この方法での事業承継のメリットは、後継者不在の問題を解決でき、従業員や取引先などの関係先に対する影響を最小限にできることです。

Read More